注意点を押さえる

注意すべき点について

会計事務所とは主に税理士が在籍している事務所となりますが、これとは別に受付などを募集する求人が公開されることがあります。そのため税理士の資格がなくても応募出来るのがポイントですが、この求人情報の注意点について説明を行っていきます。 税理士の場合は資格を持っていれば男女どちらでも応募は出来ますが、そうでない場合には次のような注意点が必要です。税理士以外で会計事務所が求人を掲載する場合には、一般的に男性よりも女性を採用する傾向があります。この点については性別による制限は記載されていないことが多いですが、そのような場合でも女性を優先して採用する傾向があります。なので税理士以外で会計事務所に応募する場合には、この点において注意をする必要があります。

知っておくと良い情報

税理士が勤務する場所として会計事務所が一般的となっていますが、実は求人情報に関しては事務職の募集も行っています。そこで会計事務所の求人に応募する際に事前に知っておくと良い情報があるため、それはどのような内容であるか紹介します。 会計事務所で働くことになった場合の業務として、電話応対などの基本的なものから専門的なものまで色々あります。電話応対については基本的なマナーを心得ていればそれほど問題ありませんが、専門的な内容に関しては資格を持っていると有利になります。例えば経理や簿記関連の資格を所持しているだけでも大分違うため、例え無資格で大丈夫な場合であってもこれらの資格は強い武器になります。これらの資格を持っていれば採用率が高くなることが多いため、会計事務所に応募する際の豆知識として覚えておくととても便利です。